闇金の利息と返済義務

闇金対策闇金への返済義務について最高裁の判決で、利息はもちろん借りた元金も返済する義務がないというのが確定しました。犯罪者のお金は、たとえ借りたものであっても返済義務は無いのです。

闇金は利息制限法をはるかに超えた利息、10日で1割の利息トイチ(年利365%)や10日で5割のトウゴ(年利1825%)など、信じられないような法外な利息を取ります。

まれに、その闇金を上回る利用者も存在します。
ヤミ金から借りるだけ借りて、返せないとなると闇金被害救済センターなどに駆け込む人です。

大方、そんな人は同じことを繰り返す場合が多いようです。。
闇金被害対策センターもヤミ金からの救済は1回のだけと制限しています。

まぁ、闇金も踏み倒した相手のことは闇金グループ内でリスト化され、当然に防御策を考えています。

闇金被害の中に、闇金の保証人に勝手にされてしい、酷い取り立てにあっている場合があります。
ある日、突然に闇金から支払の督促がくるわけですから、寝耳に水で大いにこまります。

警察や一般の弁護士や司法書士に相談しても『無視』しなさいと助言されるだけかもしれません。
本当は『無視』できるレベルではないから相談しているのにです。

では、どうするか。

一番簡単で早く、それも少ない費用で解決する方法は・・・・

それは、
闇金に特化した弁護士、司法書士に相談し、交渉を依頼することです。

もちろん費用を負担するのは債務者本人でしょうが、弁護士が債務整理について受任すると、ほとんどの闇金業者は取立てを止めます。

加えて、闇金の貸付は貸金業規制法、出資法などに違反する行為なので、不法原因給付として闇金は債務者対して返済を求めることはできません。
もっといえば、債務者は闇金に対して、今まで返済したお金を全て返金させることができます。

もちろん、このような闇金相手の交渉は素人には無理ですから弁護士、司法書士に依頼するしかありません。

闇金被害を解決する大阪相談所はコチラです