絶体に避けたい闇金からの借金

はからずも、10万円ほどの現金が必要になった。でも持ち合わせがない。親戚や友人からは借りれない。そんな状況で、しかたなく消費者金融から借金をする人もいまが、それ自体は止められません。なんせ、簡単に現金が手には入りますし、サラ金から借りるわけではありません。

そこには、高金利に加え、厳しい取り立てを受けることもあります。そのために遅延損害金など約定を知らないと、将来に禍根を残すかもしれません。もし、約束通りに返済できるように、新たな借金をする、多重債務の状態になります。サラ金から借りれなくなると闇金に。絶対にです。

それでは、ヤミ金融は何をどうしているのでしょうか。社会通念上は利息制限法や出資法で定められた利率以上で貸し付けている事業者、登録せずに貸金業を営んでいる事業者を、闇金といいます。そして、登録されている貸金業者でも法律で決められた上限金利以上で貸付けすれば看板はどうあれ闇金融となります。

ずっと前から、街金業者が貸付ける際の金利としてトイチと呼ばれるものがあります。言い換えれば、10日間借りて1割の利息を支払うものです。それが現代の闇金になると、その2~3倍の高金利(年利720~1080%)にもなっています。簡単にいえば、10万円を年利1080%(トサン)で借りるなら1年間で支払う利息合計は、なんと、信じられないですが108万円にもなる驚くべき金額になります。どうひっくり返っても、こんな金額返せるわけありません。

支払が延滞すると、ヤミ金業者の厳しい取立てが始まります。昼夜の関係なく、何十回も嫌がらせの電話をかけたり、自宅はもちろん人目がある職場にまで現れて、脅迫まがいの汚い言葉で取立てをします。前記したように、違法な闇金は法外な高金利と、酷い取り立てにより、利用者にとって生きるための生活基盤を壊されますから、他から借りることができなくても絶対に闇金融から借りてはいけません。
xn--2dkj5394ce4nbzd36m.xyz